中村研究室

本文を飛ばしてMENUへ

初めにご挨拶

更新:2007年07月21日

 皆様、はじめまして。この度のご来訪、誠に有り難うございます。

 皆様が今見て下さっているこのサイトは、中村研究室のWEBサイトです。皆様に心地よく見て行って頂けるよう、心を込めて手作りして居ます。

 このWEBサイトは、短くひとことで言ってしまうと、当研究室の取り組みを含めてのあれこれや、中村の活動をはじめとする情報をいろいろとご紹介するサイトです。

 更新履歴や用語集のほうもご覧頂けます。皆様が、隅々までこのWEBサイトをご覧に為り、世の中の為に、国内外のあらゆる人々の為に、この研究室や中村を大いに役立てて頂けますと、大変光栄で嬉しく思います。

 皆様、今後とも末永いお付き合いを、何卒宜しくお願い申し上げます。

技術に関して

 このサイト内にある、あらゆるコンテンツは、HTML4.01の仕様と文法に従って作られており、スタイルはCSS2で整えてあります。

 ブラウザによっては、表示されるページの見栄えが少しずつ異なる場合もありますが、あくまでもソレはブラウザの個性や特性であって、皆様が閲覧される上では、ほとんどと言って支障があるモノではありません。

 初めから、当研究室のWEBサイト内にある全てのページが、特定のブラウザ(WEBサイトを閲覧する為のソフトウェア)で読まれるということは、あまり考えていません。ですから、どうぞお好みのブラウザを使用して全てのページを見て頂いて構いません。

 サイト内のページは全て、W3Cの推奨するHTML4.01やCSS2の仕様に準拠し、丁寧に作り上げています。従って、ほとんどのブラウザでは、支障無く読んで頂けるハズですが、もしも読めませんよという方々がいらっしゃれば、遠慮無く申し出て頂き、どの辺りがどういうふうに読みづらいのか、教えて頂けますと幸いです。

文字表示の拡大

 このサイト内にある全てのコンテンツでは、企画や設計の過程から、閲覧者(訪問者)ご自身で画面上の文字のサイズを拡大/縮小することができるように制作してあります。グラフィカル系のブラウザをお使いの方々は、画面上の文字が読みにくい場合に、文字を大きくして見て頂くこともできます。

 因みに、インターネットエクスプローラ(IE)やネットスケープは、グラフィカル系ブラウザです。文字を拡大する方法の一例として、インターネットエクスプローラ6でのやり方を紹介しておきます。

  1. まず、IEのメニューバーから[表示]メニューを選びます。
  2. 次に、プルダウンメニューから[文字のサイズ]を選びます。
  3. 最後に[文字のサイズ]のサブメニューから[最大]を選びます。

 このように操作すると、皆様のモニター画面上の文字が大きく成っていると思います。もしも[文字のサイズ]のサブメニューから[最大]を選んでも、文字の大きさが全くと言って同じであるときは、もともと[最大]が選ばれているものと思います。

 又、画面上の文字を大きくする手段は、他にもあります。文字サイズの[最大]に設定しても丁度よい文字の大きさに成らず、どうしても文字が読みにくい場合は、他の方法を試してみて頂けますと幸いです。

 例えば、画面設定で「ハイコントラスト」表示(大きいフォント)にしてみましょう。若しくは、上級者であれば、ユーザースタイルシートを用いる等の方法もあります。このように、画面上の文字を大きくするやり方が幾つかありますので、是非お試し下さい。

最後に…

 只今、研究室およびこのWEBサイトに対する、皆様からのご質問やご要望,ご意見を受け付けております。遠慮無く何でもお寄せ下さい。

 皆様より頂くご要望やご意見には、できる限り全力でお応えしたく考えています。折に触れて、よろしくお願い致します。ご連絡には、お便りBOXをご利用頂くと、大変便利です。

 又、このWEBサイトへのリンクですが、事前の許諾等はとくに不要です。(無用ではありませんので、事前に、若しくはリンク後にお知らせ頂いても構いません。)


Page List

以下はMENUですが、この頁の先頭まで戻ることもできます。

関連ページ


Copyright (c) 2006 Masaki Nakamura, All rights reserved.